〒143-0014 東京都大田区大森中3丁目36番8号
JR蒲田駅東口から徒歩20分/京急蒲田駅東口から徒歩10分/羽田空港から車で20分

受付時間
9:00~18:00
定休日 
無し

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

03-6450-0327

豚衡機/牛衡機

豚衡機の特徴

棹式(さおしき)豚衡機

棹式表示部

  • 送り錘を使い計量します。
  • 比較的素早い計量ができます。
  • 電源が不要です。
  • 電気部品が無いので、故障が少ないです。
  • 2本棹式は希少です。
  • 棹式はすべて検定付きです。

 

デジタル式豚衡機

デジタル表示器の一例

  • 計量の文字が大きく見やすい
  • 表示器によっては、プリンター出力、上限下限信号出力がある
  • 電源は、乾電池またはAC100Vが必要
  • ロードセル(ロードバー)、デジタル表示器、各ケーブル類の取り扱いに注意

細かな製作指示も承ります。

棹表示器向き変更

SA型は下記のご指示が可能です。

  • 中カゴの構造(柵/鉄板)
  • 表示器の配置の指定
  • 扉開き方向の指定
  • キャスター口径
  • 表示器

SA-8型(検定付き)

棹式子豚用はかり
子豚の出し入れは、吊りカゴ左右のドアと上部からできます。

 

 

SA-8型
ひょう量/目量 100kg/100g
中カゴ寸法(mm) 900×450×500
車輪Φ125 自在車2  固定車2
中カゴ パンチング板

SA-11型(検定付き)

棹式

SA-11型
ひょう量/目量 160kg/200g
中カゴ寸法(mm) 1260×510×770
車輪Φ75 自在車2 固定車2
中カゴ 鉄板

SA-11S型(検定付き)

棹式

SA-11S型
ひょう量/目量 160kg/200g
中カゴ寸法(mm) 11260×510×770
車輪 自在車2 固定車(200Φ)2
中カゴ 鉄板

SA-13LPS型

デジタル式

SA-13LPS型
ひょう量/目量 200kg/200g
中カゴ寸法(mm) 1260×510×770
車輪 自在車2 固定車(Φ200)2
中カゴ
電源 乾電池/100V

FX1-600型

移動時

デジタル式

  • ロードバー2本
  • デジタル表示器
  • ACアダプター/バッテリー接続ケーブル
  • 豚用ケージ(車輪付き)
FX1-600型
ひょう量/目量 200kg/500g
外寸法(mm) 1300×500
車輪 370Φ
電源 DC12V/AC100V

FX1-1000型(成牛用)

牛用ケージ

デジタル式

  • ロードバー2本
  • デジタル表示器
  • ACアダプター/バッテリー接続ケーブル
  • 成牛用ケージ
FX1-1000型
ひょう量/目量 2000kg/2kg
外寸法(mm)

2100×900×1000(柵H)

電源 DC12V/AC100V

FX1-600型/1000型ロードバーセット

ロードバーセット

ロードバーセットのみも販売しています。

内容

  • ロードバー2本
  • デジタル表示器
  • ACアダプター/バッテリー接続ケーブル

お問合せ

お問い合わせいただいた際は、下記についてご希望をお尋ねします。

  • 計量する動物
  • 秤量と目量
  • 棹式/デジタル式

該当機種の概算価格をお知らせします。

見積もり

納入場所とご希望納期を伺い、諸条件を明示した見積もりを作成しますので、ご検討ください。
各種資料のご要求も承ります

注文

見積もり内容にご納得いただけましたら、FAX、メール等でご注文書をいただきます。
その後、直ちに製作にとりかかります。

納品

その都度、製作進捗状況をご案内します。
完成、社内検査後、発送手配をして、到着日、担当運送会社をお客様にご連絡申し上げます。

 

 

いかがでしょうか。

このように、三研の豚衡機及び牛衡機ならお客様のご要望にきっとお応えできます。
三研の豚衡機及び牛衡機に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6450-0327
受付時間
9:00~18:00
定休日
無し

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ・ご相談

03-6450-0327

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス

住所

〒143-0014 東京都大田区大森中3丁目36番8号
JR蒲田駅東口から徒歩20分/京急蒲田駅東口から徒歩10分/羽田空港から車で20分

受付時間

9:00~18:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

無し

お役立ち情報のご案内

おすすめコンテンツ
お役立ち情報をご提供しています。ぜひご一読ください。
培養土の製造について
使用した土をリサイクルについて
長く使える豚はかりとは